クレジットカードを使用して買い物をすると、支払いは全て銀行口座から引き落とされます。そのため財布からお金を出す機会が少なくなり、お金を使っているという意識が薄れてしまうことがありました。以前に気が付けばたくさんあった貯金がなくなっていたという経験をして以来、銀行口座にいくらの預金があるのかをこまめにチェックするようにしています。もちろんクレジットカードは非常に便利なものです。しかし自分はお金の管理があまり上手ではなく、すぐに使ってしまいます。そのためクレジットカードを使用することでお金に関する感覚が鈍くならないよう、銀行口座の預金額をチェックし、それが少なくなったら買い物を控えるようにしています。

自分がクレジットカードを使う目的は、ポイントを貯めることです。ポイントは現金の代わりとして使用できるために、非常にお得です。今までは航空チケットや光熱費などをクレジットカードを使用して支払うようにし、ポイント獲得に励んでいました。そして最近、思わぬところでクレジットカードを使用するようになりました。それはスーパーマーケットです。自分はこれまで、スーパーマーケットでクレジットカードを使用するというアイディアが頭に浮かぶことはありませんでした。しかし日用品や食料品をいつも購入するスーパーマーケットでクレジットカードを使用すれば、ポイントが容易に貯まることを思いついたのです。今ではもっと早く気づけばよかったと感じています。

Tカードは提携先が非常に多く、貯めやすく使いやすいポイントカードの代表です。そのTカードと一体型のクレジットカードがYahoo!JAPANカードです。Tカードとしてポイントを貯めることができるのはもちろん、クレジット利用でも100円につき1%のTポイントがつきます。年会費も無料です。私が普段買物をするお店はたまたまTカードの提携先が多かったということもあって、それまでもせっせとTポイントを貯めていました。そしてYahoo!JAPANカードを作ってからはTポイントの貯まるスピードがめちゃくちゃ早くなりました。それもそのはず、通常のポイントに加えてクレジット利用でのポイントも貯まるようになったのですから。今ではメインのクレジットカードとして、スーパーでの買物から保険や車検など、様々な支払いに利用するようにしています。もし年間100万円クレジット利用すれば1万ポイントは貰える計算です。さらに通常貯まるポイントも合わせると、ちょっとバカにできないポイント数です。Tポイントユーザーでしたらメインのクレジットカードとして利用する価値ありです。

楽天銀行の口座を作った際、預金口座のカードか、デビットカードかのいずれかのカードを作る必要がありましたので、銀行のカードとクレジットカードが一緒になっているタイプのものを作りました。新規作成して、カードを使用するだけで5000pもらえるキャンペーンをしていましたので釣られてしまいました。私は田舎に住んでおり、近くに大型のショッピングモールもありませんので、よくインターネット通販を利用します。中でもアマゾンと楽天は使用頻度が高く、ティッシュペーパーなどの日用品も運ぶのが面倒ですので、通販にて購入します。携帯の引き落としなど引き落とし関係もできるだけ楽天銀行に統一して、少しでもポイントを集めていこうと思います。