クレジットカードを持たないという選択肢もあるが

持っていると何かと便利なクレジットカード、カードなしの生活は考えられないという人も多いでしょう。一方でカードを持つことによるリスクは避けて通れません。最大のリスクは紛失や盗難による不正使用されることのリスクでしょう。買い物や飲食などで、クレジットカードを提示するとサインを求められますが、それで本人確認が充分と思っている人は少ないでしょう。ネットで買い物をした場合などは現物のカード上にある情報だけで決済まで完了することができます。では、クレジットカードを持たない場合はどうでしょうか。財布の中身が現金であれば紛失・盗難にあっても。損失は中身の金額が上限です。一方、クレジットカードでは利用限度額まで損失の可能性があります。クレジットカードを持たないライフスタイルももちろん可能で、そういう選択肢も充分ありですね。ただ、やはりクレジットカードの利便性は手放し難いものがあります。個人的には、万一の紛失・盗難の場合でも損失を蒙らない対策をきちんとした上で、リスクを回避してメリットの方を十分に活かして利用したいと考えています。