楽天カードを使い始めて1年くらいになりますが、最初は楽天のサイトくらいでしか使っていませんでした。事前にいろいろ説明は書いてあったのですが、面倒だったのであまり活用していませんでした。私はよくドミノピザを頼むのですが、そこでは楽天カードが使えます。ポイントが使えますし、購入分のポイントも付きます。楽天カードはダサいというイメージがあるとネットの何かのクレジットカードのランキングで最下層に書いてありました。でもそれはイメージだけで、機能としては本当にいろいろ使えます。私はJCBのカードも持っているのですが、最初はこちらをメインに使っていて、楽天カードはあまり使っていませんでした。楽天で買うときに現金は面倒だなと思って作っただけでした。でもスーパーでも楽天ポイントが使えたりするので、本当に便利です。そうそう楽天で買い物ばかりはしませんからね。それよりも生活必需品をポイントで購入できるのは本当に助かります。他にもEby、家賃や光熱費も楽天カードにしておけば、必然的にポイントが貯まります。これは他のカードではなかなかないポイントの多さだと思います。楽天カードはデザイン性は個人的にはイマイチなんですが、ディズニーの柄が増えたので、ディズニーが好きな人にはいいかもしれません。パンダのマスコットも十分可愛いですけどね。年会費も無料だし、ポイントが貯まる機会が多いのは楽天カードの大きな特徴だと思います。

社会人になると、多くの方々はクレジットカードを所有するようになりますよね。それだけ、クレジットカードがあると日常の生活がかなり便利なので、作っておいて損はありません。特にクレジットカード払いにすることで、ポイントを付与してもらうことができます。ポイントが付くといろんなことでメリットがあり、買い物をするのが楽しくなるでしょう。クレジットカードはネットで欲しい商品を購入したいというときにも使うことができるので、ネットでよく買い物をする場合にも必須アイテムになります。その際は、クレジットカードを不正利用されないように注意する必要がありますが、慎重に利用していれば、クレジットカードがあると何かと利便性を感じますよね。

私は5年ほど楽天カードを使用しています。理由は多くあるのですが、一番の理由は“通信販売をよく利用するから”です。楽天カードを作るまでは、主にAmazonを利用していました。Amazonは価格は安いもののポイント付与が少なく、利用した額に見合った付加サービスが少ないのです。一方、楽天カードを作ってからというもの、買い物は楽天(楽天もなかなか商品価格が安いです)、スマホの回線も楽天、銀行も楽天といった具合です。こらを楽天カードで決済することで、ポイント付与は最大時20倍にものぼったことがあります。他にも、支払い系を全て楽天カードに集約することで、通常の100円につき1ポイントも付与されるため、毎月の付与ポイントは8,000ポイント規模でした。最近ではこの楽天ポイントをカード支払いに充当できるようになったた為、カード請求額にダイレクト反映でき、おトク感もあります。

クレジットカードと選ぶときは自分の中で決めているルールがあります。1つ目は年会費が無料な事です。最近は無料なところが増えましたが、カード自体を使わなかったら勿体ないし、損した気分になるので無料なカードを選びます。2つ目はポイントがたまりやすいか、または使いやすいかという点です。ポイントが溜まると宣伝しているカードがたくさんありますがポイントが溜まっても使い方がわかりにくいとどのようにいつ使ってよいのかわからずメリットがありません。なのでポイントが次の買い物で使えたり、商品代金から割引してもらえるシステムのついたカードを選ぶようにしています。最後にカードと言っても用途がさまざまで商品を買う都度にカードを進められる機会が多いと思いますが、自分にとってカードをつくるメリットはどこなのかを明確にしてカード選びをすると良いのではと思います。

私は今までクレジットカードを持っていませんでした。理由は使いすぎてしまうんじゃないかと思ったからです。しかし作ると7000円程のポイントがもらえるときき作りました。結果作ってよかったなぁと実感しています。よくネット通販で物を買うのですが今までは買った後にいちいちコンビニにいって支払いにいっていたので面倒でしたがそれがなくなり楽になりました。また海外旅行補償がついていたので海外で何か怪我をした時も安心です。無駄遣いが増えるかなと心配はしていましたが、逆にコンビニ払いだとコンビニでついでに食べ物を買ってしまったりしていたので無駄なものを買わなくなりましたし、作ってよかったなぁと思います。一枚持っていると便利です。

私は、クレジットカード払いがOKなものは、なるべくクレジット払いを利用しています。現金で支払うと使いすぎるというリスクはありませんが、特典もありません。使い方さえきちんと管理できれば、クレジット払いしなければ損だと考えています。カードの種類や利用するお店によって違いますが、数パーセントのポイントがついてきます。たかだか数パーセントのポイントですが、このシステムは侮れません。私の生活において、このポイントが大きく私の生活を飛躍してくれているのです。塵も積もれば山となるというように、コツコツ貯めれば数パーセントのポイントも立派な数字となっています。私は日々の買い物、そして電気代といった光熱費までもクレジット払いにして、コツコツポイントを貯めています。そして貯まった暁には、自分のお金で購入するには悩んでしまうものをポイントで購入するようにしているんです。ポイントだと冒険できるんですよ~。クレジットカードは私にとって生活に潤いをもたらせてくれるアイテムです!

私は年会費無料の楽天カードをよく使用しています。理由は使えばポイントがつくからです。日常でもカードの使用できるお店であれば、例え数百円の買い物でもカードを使用しています。最近のコンビニでは、自分でクレジットカードをレジのカードリーダーに入れて支払うということも当たり前になってきました。また、携帯代金も以前は銀行の引き落としでしたが、今ではカード経由で支払っています。また、ポイントは100円につき1ポイント付き、それを1円として使用できます。提携のお店では携帯でポイントのバーコードをかざすだけで支払いも可能で非常に便利です。約5年間の使用で計10万円以上のポイントがつきました。また、カードの利用額を携帯のアプリで簡単に確認することができ、クレジットカードの不安材料だった、いくら使ったかわからないという点も解消されています。

クレジットカードは、持っていると、さまざまな会員のグレードを上げることも可能になっています。ホテルの会員のグレードを上げられるカードの場合は、宿泊する際に、部屋のグレードアップを無料で行うことも可能であり、月に数回使うホテルがある場合には、クレジットカードで会員のグレードを上げることをおすすめします。また、航空会社のクレジットカードを持って、月に数度飛行機に乗り続けることによって、マイルをたくさん貯めることができます。クレジットカードを保有しているだけで、ボーナスポイントをもらうことも可能であり、かなりのマイルを貯めることができます。航空会社のマイルは、いろいろなポイントに交換することが可能であり、飛行機をよく使う人以外でも、おすすめすることができます。

今年に入ってカード支払いの怖さというものを知りました。「お金が足りない」その事実に気づいたときには後悔しかありませんでした。家族というものを持ち、低収入ながらも生き延びるために節約をしようと色々と探った結果クレジットカードのポイントを使えばお得というのをどこかで知ったので頻繁に使用するようになりました。月々の固定費はもちろん、コンビニでの買い物や、家族で出かけた時のお買い物、レンタカーを借りるときなど、現金よりもカード払いの方が圧倒的に多くなりました。そして数ヶ月経つと気づいたのです。お金がないと。カード払いが癖になり、自分の総収入から必要な経費を差し引いて使っていい金額を把握してなかったのが明らかに原因です。今は何とか細々とした生活で乗り切り、何とか助かりましたが、あまりにもカード払いが多い方は気をつけておいたほうがいいです。急に必要になるお金なども多いですから、固定費以外のカードは収入がそれほど多くない方は使わないほうが懸命です。僕の場合2ヶ月ほど、お金を使うことが出来ず会社のランチも妻の弁当+水筒、缶コーヒーや好きなものは変えない、同僚ともお金がないため飲みに行くことが出来ないなど屈辱的な2ヶ月間を味わいました。僕のような、お金の管理出来ない人間にならぬよう、カード払いの恐ろしさも充分に把握しつつ上手く活用することが大事だと思います。

「主婦でも作りやすいクレジットカード」として有名なのが楽天カードです。楽天カードは、街中やインターネットでの買い物でポイントがつき、そのポイントを利用して楽天市場で買い物をすることが出来るため、大変使いやすいカードです。また、「楽天ツールバー」をインストールし、ツールバーを使って検索を行うことや、楽天から配信されるアンケートに答えるなど、毎日コツコツポイントを貯めることが出来ます。 楽天証券にて投資信託を積み立て購入する場合も、楽天カードを利用することでポイントをもらうことが出来ます。楽天カードのポイント還元率は通常1%とクレジットカードの中でも高い割合となっていますが、「お買い物マラソン」の日を上手く利用すると、通常の数倍のポイントをもらうことが出来ます。