もともと浪費癖がひどく、大学時代はクレジットカードを持たせてもらえませんでした。社会人になりエポスカードを作ってからは、ついつい魔法のカードのような気がしてて、毎月洋服や化粧品や靴をけっこう派手に買っていました。それでも、「あー、ちょっと買いすぎたなー」って考えて、2回払いにし、買ったことすら忘れて翌々月まで支払いに追われるのの繰り返しでした。現金が減っていかないため、何をいつどこでどれだけ購入したか自己管理ができず、些細なものも全てクレジットカードで買っていました。そのため、毎月、クレジットカードの支払い金額が収入を上回る赤字状態。飲み会などは私がクレジットカードで払い、友達からお金をもらい、急にお金が増えた気がして、それも使ってしまい、それと同時にクレジットカードでショッピング。毎月毎月、引き落としの直前にやばいと気づき、家にある金券を換金したりしてなんとか今日まで生き延びてきました。クレジットカードの唯一の良い点はポイントがわりとすぐ貯まるところで、毎月それだけ使っているため、ポイントががっつり貯まり、それを商品券と引き換えて換金して所持金を増やしてます。少しづつですが簡単な家計簿にきちんと買ったものも書き出すようにして、自分で把握できるよう今努力しているところです。

今現在、私は楽天のクレジットカード(デビットカード)を使っています。アンドロイド携帯のアプリをプレイストアに公開するためには、開発者の登録に25ドルの会費が必要で、それを支払うためにはクレジットカードが必要だったからです。かなり昔にも、違う会社のクレジットカードを使っていたことがありますが、そのときはデビットカードではありませんでした。クレジットカードは、お金がないときにも使えるので便利なのですが、金利が非常に高くて、使いはじめて1年もたたないうちに解約してしまいました。楽天のデビットカードは、楽天銀行の口座の残高がないと使えないようになっているので、私にとってはクレジットカードより安心して使えます。もちろん、口座の残高がないと使えません。

 通販サイトでたまに行われる値引きセールは、そのタイミングを逃さないことがとても大事です。値引きセールはいつまでも行われるわけではなく、期間が定められています。その期間を逃せば値引き価格で買えるタイミングを逃してしまいますので、狙いを定めて利用なければなりません。そこで使えるアイテムが、クレジットカードです。 クレジットカードで通販サイトの割引セール時にまとめて決済すれば、欲しい商品を問題なく買うことができます。しかも、買ったことによってポイントが加算されますので、さらにお得です。通販サイトの割引セールは半額以上割引くこともありますので、そこで買うチャンスを逃したくないならクレジットカードを準備しておくと思い通りに買い物ができます。